セルフチェックを行なってみよう

建物に下記のような症状が見られた場合は、外壁塗装を検討したほうが良いかもしれません。自分の家を守る為に確認しておきましょう。

チョーキング

チョーキング

外壁の劣化現象の1つがチョーキングです。雨や風邪で舞い上がった砂により、外壁機能が劣化してしまいます。指でサッと触ってみて白い粉がつくと、チョーキング現象が始まっているというサインです。触るだけのため、簡単にチェックを行なえます。

ヘアークラック

ヘアークラック

ヘアークラックは外壁や内壁などの基礎に、小さな亀裂があることを意味します。明確な定義は決められていませんが、0.3㎜以上の亀裂はひび割れと言われています。0.3㎜以内なら大丈夫と思ってはいけません。雨水は0.2㎜のヘアークラックからも侵入してきます。

ひび割れ

ひび割れ

ヘアークラックが更に進行することで、ひび割れに繋がりやすく、雨水が侵入しやすいサインと捉えても良いでしょう。目視で確認可能なため、業者に依頼する前に一度、自分でどの箇所に出来ているか見ていて下さい。状況を知ることで適切な作業をしてもらえます。

カビ

カビ

外壁にカビが出来ていないか見てみましょう。サッシが錆びると錆汁が垂れ落ちてきて、外壁が汚れてしまいます。それが影響してカビが発生するのです。カビが雨漏りの直接的な原因になるとは限りませんが、美観のためにも塗り直した方が良いでしょう。

モルタルの浮き

モルタル

モルタル壁はコケやカビが発生しやすいです。特に浮くなどの劣化現象が始まると、カビが発生しやすくなります。防水機能も衰えてしまうため、早急に塗り替えを行なわなければなりません。この状態が悪化すると塗膜の剥がれまで起こってしまいます。

塗膜の剥がれ

塗装が剥がれた壁

塗膜の剥がれは、雨漏りの危険性が高いです。躯体が見える状態は塗膜が剥がれているという証拠ですので、今すぐにでも外壁塗装をしてもらうことが賢明です。建物をカバーする能力が弱まるため建物内部に雨水が侵食しやすい状態になっています。

業者に見てもらおう

セルフチェックをして該当する症状が当てはまった場合は、専門業者にしっかりと見てもらうのが適切です。素人の目である程度どのような状態になっているのか見分けられたとしても、内部の状態は分かりません。プロの視点から判断してもらうことで、どのような工事をした方が良いのか提案してくれます。 しかし、だからと言って適当に業者を選び、そこが悪徳業者だと適当な作業をされてしまうのです。例えば、外壁にひび割れが出来ている状態として、その上から塗料を塗るとすぐに剥がれてしまいます。塗料を塗る前の処理をしっかりとしてもらわなければなりません。しかし、手間を掛けまいとして悪徳業者は、その大事な工程を省いてしまうのです。このようなひどい目に合わないようにするためにも、対応の良い専門業者に依頼をしなければならないのです。優良業者ならフォロー体制もばっちりですので、防水対策に必要な工程を丁寧に説明して、施工してくれるでしょう。

大手メーカーと塗装専門業者の違い

大手メーカー

・保証制度があり、アフターフォローもしっかりとしてくれる。そのため、何らかの不備があったとしても適切な対応をしてくれる。
・自社だけでなく、下請け業者への徹底指導や教育を行なっている。作業フローの共有などに抜かりがない。 要望通りの計画を立ててくれる。また、それ以上の提案もしてくれるため、選択の幅を広げることが可能。

塗装専門業者

・下請け業者がいないため、全て自分達で施工してくれる。中間マージンがなく、大手とメーカーと比較をすると低価格。
・塗装に関しての知識が豊富で、建物の状態に合わせた工事を行なってくれる。塗料の種類も数多く高品質で、仕上がりが綺麗。耐久性も勿論ある。
・打ち合わせから工事など、全ての業務を全て自分たちで行っているため、契約の認識違いがない。契約後のトラブル発展を未然に防げる。

大手メーカーと塗装専門業者によって、利点が異なります。どちらかと言えば、塗装専門業者がおすすめです。中間マージンがなく、不要な料金の追加がないからです。表示された見積もりの価格で工事をしてくれます。全てを自社で行なっているということで、途中で変更が生じた場合も迅速に対応してもらえるのです。大手メーカーだと殆どの業務を下請け業者に任せており、下請け業者は元請けの大手メーカーに指示されたことしか出来ません。ですから、変更があった場合の対応が遅れてしまうのです。これらの点を考慮すると、塗装専門業者が良いということが分かるでしょう。

業者を比較する際の注意点

見積もりを出してもらえれば安心!そう思ってはいけません。見積もり提示にも思わぬ落とし穴があるのです。業者によって費用が異なるのは勿論のことですが、作業環境や工法、建物が現状などによっても、価格が変動します。まず、A社とB社、2つの業者に見積もりを出してもらい比較しているとします。この業者の塗料が同じタイプなのか最初に確認をします。防水対策に効果的な塗料を使用していると安心でしょう。塗料種類が異なる場合は、自らどの塗料が適切なのか見ることが重要です。 次にケレンと言って、サビを削る作業項目が入っているかを見ます。サビの上から塗装をするとすぐに剥がれてしまいます。ケレンが項目に入っていない場合は、工期の短縮と共に、人件費の削減をしているでしょう。これでは適切な作業をしてもらうのは難しいです。他には、塗装面積や塗装箇所が適切かの確認が必要です。費用に関することをチェックする際は、細かな内訳の確認を忘れないようにしましょう。 ただ単に見積もりを比較するだけでは優良業者と出会うことは出来ないでしょう。以上の点に気をつけることで正しい業者に出会えます。