雨漏りは住宅劣化の天敵。10年以上、一度も防水対策をしたことがない住宅は、建物の劣化などに伴い、雨水が建物内部まで侵入してくる恐れがあります。そのようなことが起こる前に、塗装業者に作業をしてもらいましょう。数社検討中の場合は、本当に信頼出来る業者なのか、悪徳業者ではないかという点を今一度確認してみて下さい。業者選びはあなたの腕に掛かっています。こちらでは、外壁塗装で対応出来る雨漏りの基礎知識や業者選びについて紹介しています。

相談件数が多い住宅のトラブル

住宅に潜むトラブルに悩んでいる方は多いですよね?至るところに起こる問題ですが、実際に起こるトラブルはどういう箇所なのかを見ていきましょう。

住宅のトラブル発生箇所ランキング

1位 外壁

綺麗な家

2位 床

綺麗な床

3位 屋根

屋根の修理

1位にランクインしている外壁ですが、雨漏りやひび割れの問題を抱えている方が殆どです。建物は10年経過すると劣化するため、その間にメンテンスをしていない場合は、外壁の劣化が見られます。外壁がひび割れすると建物の耐久性が弱まるだけでなく、雨水も入りやすくなってしまいます。
3位にランクインしている屋根は、雨漏りや塗装の剥がれなどのトラブルに悩んでいる方が多いです。屋根は建物内部に雨が侵入しない役割を担っており、塗装などが剥がれてしまうと少しの雨でも建物内部まで浸透してしまいます。雨漏りしないようにするためには、外壁塗装や屋根修理のメンテナンスをする必要があるのです。

腐食やカビ 柱や壁の劣化

建物内に水が浸透すると起こる問題

雨漏りしてしまうと、二次被害が発生します。二次被害とは、雨漏りにより断熱材や柱、鉄筋までも被害を被ってしまうということを表しています。具体的にどのようなことが起こるのか例をあげてみますと、断熱材や柱が雨水や湿気などで水分を含んでしまい、腐食してしまうのです。カビが発生する、天井にシミが出来るなどのトラブルも起こりうるでしょう。特に木造住宅は、鉄筋コンクリート造りと比べると水分を吸収しやすいです。

湿気ている柱をシロアリが半分以上も食べてしまえば、柱は余計にボロボロになります。また、天井が水分の重みに耐えられなくなってしまい、落下する可能性もあるのです。このような被害を未然に防ぐためにも、防水工事は行なうべきです。あらゆる箇所が腐食してしまうと建物の耐久性が悪くなり、地震で建物が倒壊してしまうでしょう。作業を早急にすればするほど、メンテナンス費用を抑えられます。もしも、被害が広がっていると余計にコストオーバーしてしまうことを頭に入れておかなければなりません。

雨漏りが起こる要因

cause01 cause02 cause03 cause04 cause05 cause06

不具合が起こる理由

棟板金やスレート、漆喰やコーキング、谷樋などの状態が悪いのは、間接原因が関係しています。前述の不具合を起こす間接原因には4つの種類があるため、見てみましょう。

主な間接要因
住宅

棟板金やスレートの浮き、ひび割れ、漆喰の崩れは、強風や暴風雨で起こりやすいです。強い風が吹くとクギが緩くなり、抑えていた箇所が浮いてしまいます。棟板金やスレートが浮いてしまうと、雨水が侵入してしまうのです。漆喰は頑丈そうに見えますが、意外とすぐに崩れてしまいひび割れをして雨水が染み込む入り口となります。建物の屋根がトタンの場合は、雨により錆びやすい上に、塗装が剥がれやすいです。屋根機能がなくなってしまうでしょう。鉄筋コンクリート造りはトタン屋根よりは丈夫ですが、築年数が経てば経つほど劣化してしまいます。少しでもひびが入っていると地震で更にひびが大きくなってしまいます。 建てたばかりの家から雨漏りするのであれば、それは、施工ミスが大きいです。施工ミスで谷樋がずれていると、新築関係なく雨漏りします。 雨漏りは様々なことが関連して発生してしまうため、自宅の状態を知ることが先決。また、このような状態にならないようにするためにも、メンテナンスをしてもらうことが重要なのです。様々な原因がありますが、その中でも「塗装の剥がれ」が最も原因として多いため、色剥げがある箇所はしっかりと外壁塗装をしてもらいましょう。塗装をすることで機能性だけでなく、美観も改善します。

対策の要は「業者」

業者

器用な方は外壁塗装などの雨漏り対策を自分たちで行なうのですが、素人が行なうと失敗のリスクが高くなってしまいます。近頃はDIYと言ってモノ作りを自分たちで行なってしまう方々が多いですが、専門業者に任せた方が良いでしょう。シーリング工法で隙間を埋める、防水用のアルミテープを貼るなどをすることで雨漏り対策は可能ですが、高いところに登らなければならないため落下をして怪我をしてしまう可能性があります。
また、不慣れなため作業に時間が掛かってしまうというところも難点です。このようなことを避けるためにも、作業は専門業者への依頼が必要と言えるでしょう。業者と言ってもそれぞれタイプが異なりますし、中には悪徳業者もいます。信頼出来る業者に依頼をしたいのであれば、悪徳業者と優良業者を見極められるようにしていた方が良いです。既に数社へ見積もりを依頼していると言う方は、再度、検討し直す必要があるでしょう。納得出来なような結果であれば、新しく業者を探し比較をするのが賢明です。

「見積もり」が最大のポイント

全国各地、非常に多くの業者が揃っています。この中から優れた業者を見つけるのは、業者探しが初めての方にとって難しく思えてしまうのも仕方ありません。巧妙な手口に騙されてしまい、見積もりの倍以上もの費用を請求されたと言う方までいるくらいです。業者選びのコツさえ知っていれば、このような被害に遭わなくて済むでしょう。 1社だけでなく、5社程度はピックアップをして見極めをしていた方が良いです。比較をすることでそれぞれの良さや欠点を見つけられます。10社以上も比較する方がいますが、情報が混ざってしまう上に、結局はどこの業者が良いのか分からなくなりパンクします。ですから、5社程度に絞った方が良いでしょう。